うつ病をやっつけろのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

うつ 回復 秒

ごんたの金相場日記 : 6月2日の予想
聴力が回復するトレーニングとは? ▼難聴の治療には手術しかない? ▼幼児の難聴は早く見つければ・・・ · ▼片耳の難聴はとても不便! ▼難聴に補聴器は必要? ▼うつ病は治すことができる病気です! ▼うつ病を治すのに薬は必要ない! …(続きを読む)

友人の国際政治学者・藤井厳喜氏が、「たちあがれ日本」から立候補 …
三浦朱門の「妻・曽野綾子はうつ病だった……」とかいうエッセイを、今月号の「文藝春秋」(2008/8)で読んだが、それによると、曽野綾子の「鬱病」の発症時期とその回復のタイミングが、「沖縄集団自決取材」開始の時期と微妙に重なっていることがわかる。 …(続きを読む)

うつ病から回復した後の物事への取り組み方
うつ病から回復した後の物事への取り組み方こんにちわ、私は現在24歳の大学生ですが、うつ病から回復された方にお尋ねしたい事がありまして知恵袋にて質問させて頂こうと思います。うつ病を克服された方は現在全力で物事に取り組んでいらっしゃるのでしょうか?それともある程度自分に出来ることをセーブして再発しないように考慮しながら生活を送っているのでしょうか?私は中学生くらいの時に周囲の色々な人間関係や自分の失敗などが重なりうつ病の症状が出始めまして、その時すぐに病院に行かなかった対応のまずさもあり、大体6年くらいは症状に苦しめられていました。1年半くらいの治療の後に薬も人間関係も学問もある程度まで問題なくこなせるようになりましたが、再発を考慮して大体自分に出来るベストの仕事から6~8割くらいに抑えていました。最近回復してから大分時間がたって自信と余裕が出てきたのか、一度全力で物事に当たってみてもいいかなと思うのです。治療をしてから1年間の受験勉強期間と大学に入ってからの3年半、病的な症状はずっとなりを潜めています。昨年は留学も経験し、ちょっとやそっとのストレスはもう大丈夫だと思うのです。今後大学院に入り研究を進める上でも就職する上でも再発を考慮しすぎた活動をするとあとに後悔が残りそうで嫌なのです。私としてはもう寛解の段階を終えて完治したと考えてもいいかも知れないと思っています。もちろん全力で事に当たってみて危ないと思ったらすぐに休みを入れようとは考えてます。自分にとっては非常に難しい判断なので、もちろん私の周囲の専門家の方にも助言を求めますが、経験者の方や知恵袋で力を貸してくださる医療関係者の意見も参考に考えていきたいと思っています。この病気に関連する判断はいつも難しく、こればっかりは自分の靴の裏についたガムのように人生の判断の要所要所に付きまとってきます。自分でも結構考えましたが、やっぱり他の人の意見を聞かないとどうしようもないと思いました。助けてください、どうかよろしくお願いします。(続きを読む)


Ads by Sitemix